リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 新橋駅前のSL 「C11 292」 | トップページ | 「江戸歌舞伎発祥之地」 »

2013年8月11日 (日)

「烏森神社」

新橋駅西口からすぐの所に、「烏森神社」(からすもりじんじゃ)があります。

201308_no2_004_2

近代的なコンクリート製の神社です。

御祭神は、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、天鈿女命(あめのうづめのみこと)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)の三柱の神々です。

創建は天慶三年(940)とされる古い神社です。ここの特徴は、社殿の造りもそうですが、何といっても入り口の「鳥居の形」です。

201308_no2_028

表参道の内側ら見た鳥居

201308_no2_029

面白い形の「鳥居」です。これは木製です。

特に区分する名称が無く、「烏森神社」独特の鳥居だそうです。

江戸時代は普通の鳥居だったようです。

ここの参道は、両側に一杯飲み屋や小料理屋、焼き鳥屋などが立ち並び、普通の神社とは一線を画す風景です。

201308_no2_020

左奥が社殿です。

参道は烏森神社の所有地だそうなので、一代限りの賃貸契約で、その後の更新はしないそうなので、いずれは他と同じような参道になるのでしょう。

社殿の前の通りは細く、昔の風情が漂います。

201308_no2_002

本殿前のコンクリート製の鳥居。

木製の物と同じ形です。

明暦の大火(振袖火事)でも焼け残ったそうなので、それ以後、焼失しなかったという御利益が注目されて、大層賑わったそうです。

「江戸の三森」の一社(柳森神社、椙森神社、烏森神社)として有名だったそうです。

 

201308_no2_008

本殿から、表参道を臨む。

周辺は、マンションがほとんど無いので、夜間人口は少なく、寂しい限りですが、町会活動はまだ盛んな様で、七月には「こいち祭」が開かれたりします。

五月の本祭りには本社神輿が出ますが、神社の名前にちなんで「屋根の四方」にくるっと丸くなっている「蕨手」に黒い烏が小鳥の代わりに付いているのが特徴です。

本当に都会のど真ん中にある神社ですが、モダンな建築とユニークな鳥居を見に来る参詣客も多いそうですが、願いによって色が違う、心願色みくじもあり、本殿右下には、このような願を掛ける場所もあります。

201308_no2_010

車の往来が多い道から一本入っただけで、とても静寂な感じがする、また色々な特徴のある「烏森神社」でした。

« 新橋駅前のSL 「C11 292」 | トップページ | 「江戸歌舞伎発祥之地」 »

新橋あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「烏森神社」:

« 新橋駅前のSL 「C11 292」 | トップページ | 「江戸歌舞伎発祥之地」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30