リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 築地の 「蝉」 | トップページ | 「国鉄 汐留駅」 »

2013年8月16日 (金)

「古川可動橋」

以前、汐留駅から芝浦埠頭にかけて貨物線がありました。

ゆりかもめは、そのルートの上をなぞるように走っています。

竹芝桟橋から日の出桟橋の間に今も古川が流れています。

一般の方には「浜崎橋のそば」と言った方が分かりやすいでしょう。

ここには片側だけ開く跳開橋がありました。

10

(みなと館資料より)

芝浦跳開橋(しばうらちょうかいきょう)とも呼ばれ、昭和4年(1929)にできました。

鉄道専用の橋で列車が通る時にだけ閉めていたようです。

Dobokutoshokan

(土木図書館資料より)

勝鬨橋ができる10年以上前の完成で、当時は「東洋一の可動橋」と呼ばれ、山本卯太郎と言う人物が設計し、開閉時間が90秒という、驚異的なスピードで動いたそうです。

51

(土木建築工事画報 昭和5年1月号より)

この橋は「片葉式」という片側だけが上がる方式で、(勝鬨橋は双葉式)跳ね上げ部分が27メートルもあり、昭和初期としては大変優れた物だったようです。

小生が中学生の頃には、もう跳ね上げの設備は取り外されて、閉まったままの橋でした。

朱色のディーゼル機関車(DD13)が貨物列車を牽いて渡っているのを何度か見た記憶があります。

この橋も芝浦臨港線が廃止された為に役目を失い、暫くは放置されましたが、その後解体されました。

今では再整備されて、人専用の橋が架かり、竹芝側にはホテル、日の出側には遊覧船の乗り場が整備されています。

屋形船の乗降場が浜崎橋インターの高速道路の下にあり、漁船も出入りしています。

地元、勝鬨橋は、大きさもスケールも凄かったですが、このような目立たない貨物線にも、結構凄い当時の技術の一端を見ていたんだなと改めて思いました。

« 築地の 「蝉」 | トップページ | 「国鉄 汐留駅」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「古川可動橋」:

« 築地の 「蝉」 | トップページ | 「国鉄 汐留駅」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30