リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「佃島の盆踊り」 | トップページ | 「天水桶」 »

2013年7月17日 (水)

「西新井大師」

西新井大師は関東厄除け三大師のひとつで、川崎大師と千葉の香取市にある観福寺大師堂と共に弘法大師(空海)を祀る真言宗の寺院です。

2285

本堂は、昭和47年に建て替えられました。


 

五智山 遍照院 總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)という名称だそうですが、「西新井大師」の方が馴染み深いです。

弘法大師が十一面観音をこの地で自ら作り、21日間の祈祷を行なった所、枯れた井戸から清水が湧き、村人の病気が治ったそうで、その場所が堂の西側にあったことから「西新井」の名が付いたということです。

2290

往時の門前町の様子が山門付近にだけ残っています。環七からすぐの所にあるので、交通は便利ですが、参道は短くなっています。

山門の両側には「団子屋」があります。参詣者にお茶を出して団子の試食を勧めていました。

築地に居りますと、川崎大師へは初詣に出掛けておりましたが、西新井へはお参りした記憶がありません。多分距離的にも近かったからでしょう。

魚がしの「講」も川崎へ行く方が多く、大提燈をはじめ、奉納品も多くありました。

同じお大師さんでも、西新井大師は四季の花が目を楽しませてくれます。

小生の記憶では、この時が初めての「西新井大師」でしたので、色々見て回りましたが、池の周りの佇まいが地元の人の散歩コースにもなっていて、「お大師さん」と「ご縁」が深いのだと思いました。

まだまだ、東京に居ても行った事の無い場所が、数多くあります。

歴史の長い寺社も、行ってみると面白い発見があります。

朱印帳を持って、訪ねてみたいと思います。

« 「佃島の盆踊り」 | トップページ | 「天水桶」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「西新井大師」:

« 「佃島の盆踊り」 | トップページ | 「天水桶」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30