リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 地域に溶け込む「のれん」 | トップページ | 海の「道祖神」 »

2013年7月 1日 (月)

「市場の上の事務所棟」 その2

市場は、開業当時にあった時計台下の通りを境に、水産棟と青果棟が分かれています。

031

旧、時計台から水産事務棟を望む。



青果棟の2階には郵便局もあります。

023_2

中央築地郵便局。チョット、レトロなのですが、郵便小荷物用のすべり台が今だに残っています。使われてはいないようです。  

018_2

市場駅も一時、手小荷物の取り扱いをしていましたから、ここからも全国へ向けて、荷物が発送されていたのでしょうか。?

同じく青果の二階には、床屋もあります。

050

浮世絵ののれんが掛かり、「昭和レトロ」の匂いがプンプンです。

渡り廊下もあり、その先の建物の扇形が本当に美しく見えます。

054_2

2階の渡り廊下。明るい部分の下が、旧時計台通り。

029_4

水産棟側。

059

渡り廊下横から、浜離宮方面を望む。画像の中央左寄りに、かつての「東京市場駅」の建物があった。

039_2

汐留方面には、中央の「緑地」あたりから「市場線」が場内に引き込まれていました。

047_2

青果棟の側面。奥に行くに従って、扇形になって行きます。

066

青果棟入り口には、レールで作った、本当の意味での「ガードレール」がありました。

生まれ育っていながら、今だ知らない「市場」の光景があります。

移転までに、また色々探してみたいと思います。

 

« 地域に溶け込む「のれん」 | トップページ | 海の「道祖神」 »

魚がし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市場の上の事務所棟」 その2:

« 地域に溶け込む「のれん」 | トップページ | 海の「道祖神」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30