リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「為書きのビラ」 | トップページ | 「晴海埠頭」と「豊洲」 »

2013年7月26日 (金)

「お化け地蔵」

「橋場不動尊」から少し行った所に「お化け地蔵」があります。

1307_064

お地蔵さんというと小さいイメージがありますが、ここのは3メートル余りあり、昔、笠をかぶっていてそれが動いたからとか、或いはその大きさから「お化け地蔵」と呼ばれるようになったそうです。

1307_049

右側の杉板張りの建物が、管理している鏡池山「松吟寺」と言う事ですが、普通の古い民家のようです。

古い東京電力のプレートが珍しいです。

1307_070

台東区による説明文があります。

1307_052

由来によると、室町時代に建立された、曹洞宗の「総泉寺」の境内地にあったそうですが、震災により板橋に移転したあとも、末寺の「松吟寺」が管理しているようです。

地蔵の創建は享保6年(1721)で、脇にある常夜灯は寛政2年(1790)にできたそうです。

1307_046

関東大震災で地蔵は折れて、頭部は造りかえられているようです。

1307_059

地蔵の足元には由来が刻まれています。

1307_060_2

「お化け」というと何か恐ろしい意味を想像しますが、もともと「お地蔵さん」は子供の成長を見守ってくれる仏様ですから、一段の御利益があるのでしょう。

台東区の英訳では「HAUNTED JIZO」と書いてありますが、あまりにも直訳しすぎているようです。

1307_056

道路のすぐ脇にひっそりと立っていて、見過ごしてしまいそうですが、このような大きな「地蔵」はなかなかありませんので、一度訪れてみては如何でしょう。

« 「為書きのビラ」 | トップページ | 「晴海埠頭」と「豊洲」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

浅草あたり」カテゴリの記事

昔のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お化け地蔵」:

« 「為書きのビラ」 | トップページ | 「晴海埠頭」と「豊洲」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30