リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「下り酒」 | トップページ | 「古峯神社」 ふるみねじんじゃ »

2013年7月20日 (土)

「出流山 満願寺」

栃木にある「出流山 満願寺」(いづるさん まんがんじ)は、真言宗の寺院です。

がしには、ここをお参りする「講」もあります。

1037

満願寺の山門 

満願寺は、室町時代に三代将軍、「足利義満」により、観音堂が寄進された縁起を持つ寺院で、御本尊は、大日如来だったそうですが、今は、弘法大師が彫ったとされる、千手観音菩薩が御本尊になっています。

山門の「仁王像」は足利時代の作だそうです。

1040

1041_2

どことなく、愛嬌がある仁王像です。

ここは、坂東三十三観音の第十七番札所になっており、本堂には、多くの千社札や千社額が奉納されています。

1062

杉の大木に歴史を感じる本堂

1047

江戸消防記念会の面々の名前も刻まれている、千社額。

魚がしでは、「慈眼講」(じげんこう)と言う「講」があり、祖父の代から、入講しておりました。今では辞めてしまいましたが、年に一度のお参りは続いているようです。

ここの奥の院は、急な坂道を登ると、新しくした拝殿が見えて来ます。

1052

こんな綺麗な造りは初めてでしたので、ある意味感動しました。

1057

鍾乳石が自然にかたどったとされる、御本尊の十一面観音の後ろ姿ということです。

来年は、午(うま)年で全国の観音様を祀ってある寺院の多くが「御開帳」をする歳だそうです。

各地の札所も賑わう事でしょう。

朱印帳を持って、また出掛けます。

« 「下り酒」 | トップページ | 「古峯神社」 ふるみねじんじゃ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

魚がし」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

小田原町」カテゴリの記事

昔のこと」カテゴリの記事

場内市場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出流山 満願寺」:

« 「下り酒」 | トップページ | 「古峯神社」 ふるみねじんじゃ »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30