リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「出開帳」 でがいちょう | トップページ | 「日本橋」 »

2013年6月13日 (木)

「市場の上の事務所棟」

築地市場の形が扇型なのはどなたでもご存じでしょうが、その上の事務棟に行かれた方は、関係者以外あまり多くないでしょう。

観光客が勝手に入る事はできません。

002

三階廊下から竹芝桟橋方向。

かつての引込線の形の関係で扇型なのですが、上の構造も「昭和レトロ」そのままです。

廊下も「弧」を描いています。アーチ形の高い天井も「昭和モダン」を感じさせますが、頑丈そうに見えます。

2013_016

もともと、関東大震災の後に日本橋から築地に移転してきたので、地震に対する耐震性は、当時の最高水準で造られていたはずです。

増築や補修を繰り返しながら、今にその名残りを伝えていますが、現代の建築とは趣が違う様に感じられます。

2013_014

ここには郵便局や銀行の出張所もあります。

2013_010

東日本大震災にも耐えた建物です。

しかし、ある意味90年近く経つ構造物ですから、現役でいる事の方が驚きかもしれません。

地震に対して、よく考えられた造りという事が言えるでしょう。

階下がいつも塩水で濡れている訳ですから、毎日午後になると、清掃の人たちが真水を散布しています。メンテナンスが大事ということです。

2013_020

柱の本数が多いのが分かります。

巨大な市場を支える事務所棟も、あと数年で役目を終える訳ですが「造りの美」を感じます。

 

 

« 「出開帳」 でがいちょう | トップページ | 「日本橋」 »

場内市場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市場の上の事務所棟」:

« 「出開帳」 でがいちょう | トップページ | 「日本橋」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30