リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「日本橋」 | トップページ | 波除さんの「御神酒」 »

2013年6月15日 (土)

「東京駅」に思う事

「東京駅」の丸の内側の駅舎が開業当時の美しさを取り戻して話題になりました。

2013002_convert_20130615001858

丸の内中央口の石碑


中央口には、皇室専用の車寄せがあります。

2013005_convert_20130601195559

丸の内中央口。一般利用客は立ち入り禁止。

開業当時の丸い屋根の復原が今までと大きく違う点です。

2013_008

丸の内南口の天井。

明かり取りの窓からの光と、レリーフがとても美しいです。

201345_005

丸の内南口外観

銅葺きの屋根はもう黒くなっています。

201345_015

旧、東京中央郵便局跡の「KITTE」より

東海道新幹線、東北、上越、山形、秋田、長野の各新幹線を除き、在来線は、昼間の「踊り子」と夜行の「サンライズ瀬戸、出雲」しか優等列車が無くなってしまいました。

「ブルートレイン」ももうありません。

地下駅から始発の特急はまだありますが、外観の荘厳さと重厚な造りとは裏腹に、どこか一抹の寂しさがあります。

ここから列車に乗る「ワクワク感」はもう感じられなくなりました。

今でも名実ともに、「日本の鉄道の玄関」である事は間違いありません。

通勤客がいかにスムーズに利用できるかという点では、「東京ー上野」間の連絡線の復活工事も現在進んでいて、さらに利便性が向上します。

しかし、「外見のリニューアル」ばかりが目立ち、そこに入る商業店舗の宣伝ばかりが取り上げられています。

時代の流れで仕方ないのかもしれませんが、そこに走る列車を一日に一本でも、ひと月に一本でも良いから、「東京駅」から出発する「旅」が感じられる「ワクワク列車」を走らせて欲しい物だと思います。

魚河岸との関わりでは、過去に北からの「東京市場駅」行き「鮮魚列車」がここ「東京駅」を深夜に通過して築地に行っていたという事もありました。

201345_001

「東京駅」のライトアップ、イイですね。

« 「日本橋」 | トップページ | 波除さんの「御神酒」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京駅」に思う事:

« 「日本橋」 | トップページ | 波除さんの「御神酒」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30