リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 波除さんの 「神社神輿」 | トップページ | つきじ獅子祭 「神社神輿の渡御」 »

2013年6月 9日 (日)

「東京電波塔」

「東京電波塔」と聞いてもピンときませんが「東京タワー」です。

20136_083_2

あまり知られていませんが、タワーの足元にある銘板です。

昭和33(1958)年12月23日開業、高さ333m、今年で55年目の電波塔です。

子供の頃、小生の家の3階から見える大きな建物は、本願寺の丸い屋根、十字架が乗った聖路加病院、そして「東京タワー」でした。

スーッと天に伸びた紅白の「タワー」は、瓦葺きやトタン張りの黒い屋根と対照的に近未来的な建物に映りました。

20136_072_2

今でも色々な場所から見えますが、真下からはまた別の存在感があります。

20136_025_2

市場内で発見したスペシャルポイントから。

手前が浜離宮、タワーの両端が汐留のツインタワーマンション。

20136_064_2

飯倉交差点より。地デジの丸い部分が特別展望台まで下がって来ているように見えます。上の部分の機器が取り払われたからなのでしょうか。

201306_005_2

勝鬨橋より。 ここは富士山が平地で見える最後のポイントでした。

左側は環状2号の橋が建設中です。

201306_020

同じポイントからの夜景です。

M0006531011_3

(中央区立京橋図書館資料画像より)

昭和30年代後半だと思われます。富士山が見えます。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の時代です。

この時代を知らない世代にも、なぜか共感ができると思える「東京タワー」の郷愁。ライトアップが本当に効果的です。

本来の役目を「東京スカイツリー」に譲ったとはいえ、まだまだその存在感は消えません。

20136_078

登らなくても、「好きです!東京タワー。」














« 波除さんの 「神社神輿」 | トップページ | つきじ獅子祭 「神社神輿の渡御」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京電波塔」:

« 波除さんの 「神社神輿」 | トップページ | つきじ獅子祭 「神社神輿の渡御」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30