リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「神輿」の準備 | トップページ | 「東京電波塔」 »

2013年6月 8日 (土)

波除さんの 「神社神輿」

明日9日(日)には「つきじ獅子祭」の締めくくりとなる「神社神輿」の渡御が行われます。

昨日、本殿から神社の御霊(みたま)を神輿にうつす「遷座祭」(せんざさい)が行われました。

20136_086

創建、奉納されてから86年目の「神社神輿」です。

神輿師は神田宮惣です。

波除さんの「神輿」は胴が細く見えます。屋根が厚く、カーブが丸っこくなっています。

20136_031_3

昭和2年の作とは思えない豪華さと重厚さがあります。

20136_022_4

細部の細工も見事です。

見所は、4本柱に巻きつけられた飾り金物です。   

20136_088

祭礼が始まると、なかなか奉納品の無い姿が撮れないので、今回は早めに行って撮ってきました。

20136_033

神輿と共に「長提燈」も圧巻です。上下の飾りも立体の打ち出しの細工で、輪っぱの部分は、修理の際に裏まで本漆に塗り替えました。

20136_037

あと50年以上は大丈夫でしょう。

今回、お歯黒獅子の頭部に納められている弁天様が、御開帳になっております。普段は見られないので良い機会だと思います。但し、小さいので肉眼ではきついかも知れません。

20136_010_3

拡大写真ですが、実際は、

20136_008_6

弁天様の頭部しか見えません。

20136_061_5

今日は午後から「子供連合」の巡行があります。

 縁日も出て、神社の廻りも華やぎます。

 天気もよさそうなので、明日は大勢の人たちで賑わいそうです。

 

 

 

 

 

 

« 「神輿」の準備 | トップページ | 「東京電波塔」 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波除さんの 「神社神輿」:

« 「神輿」の準備 | トップページ | 「東京電波塔」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30