リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「築地本願寺」 その1 | トップページ | 「築地小学校」 »

2013年6月24日 (月)

「スーパームーン」

昨日は、「スーパームーン」だったそうですが、見損ないました。残念!

次は来年の8月11日だそうです。

Photo

(ウィキペディアより)

 

「スーパームーン」とは、月が1年で最も地球に近づいた時の満月または新月の事を言うそうです。

1番明るい満月の事かと思っていましたが、新月の時も「スーパームーン」というそうです。

月が地球を周回する軌道は、楕円形なので、地球から見える月の大きさは同じ満月でも違います。

2011年のスーパームーンの時には、最も地球に近い距離 (近地点・地球から月までの距離:35万6577km)では、地球から最も遠い距離 (遠地点・同約41万km)にあるときの満月と比較して14%大きく見え、30%程明るく観測されたそうです。

最接近してから満月を迎える事を「エクストリーム スーパームーン」とも言うそうです。2011年がそうでした。およそ18年周期で「エクストリーム スーパームーン」が見られるそうです。

最近、天文に関して、様々な天体ショーを見る事が出来ました。

東京で皆既日食が見られた時は、凄かったですね。

「東京の空」がそれだけ綺麗になったという事でしょう。

小生が子供の頃は、いつも北の空が曇っていて、快晴の空を築地では見た記憶がありませんでした。

小学校では、朝礼が毎日ありましたので、北側を向いて空を見ていると、青かった事が無かったです。

海風が隅田川方向から吹くので、そちらは青い空でしたが、そのうち、光化学スモッグだとか、川崎病だとかの話題がでてきて、公害という言葉が身近に感じられるようになりました。よほど空気が悪かったのでしょう。

今の中国のPM2.5のニュースとダブります。

川や空の汚れは、昔を思うとウソのように綺麗になったと思います。

隅田川には遊歩道もできて、散策を楽しむ事もできるようになりました。

天体ショーも見る事が出来るようになりました。

が? 豊洲市場の土壌汚染はどうなっているのでしょう?

汚染除去の影響で、開場が1年延びましたが、しっかりと悔いの残らない作業を進めて頂きたいと思います。

土壌汚染の無い「豊洲市場」で「スーパームーン」を見たいと思います。

« 「築地本願寺」 その1 | トップページ | 「築地小学校」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパームーン」:

« 「築地本願寺」 その1 | トップページ | 「築地小学校」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30