リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 築地にあった「都電」 | トップページ | 「のれん」の衣替え »

2013年4月23日 (火)

町内の「ひき売り」

「ひき売り」と聞いてもピンとこないでしょう。

夜泣きそばの様にリヤカーに色々と乗せて「売り声」とともに定期的に町内に来ていました。

今の様に軽自動車ではなく、売り手がリヤカーを引っ張っていました。お馴染みなのは「石焼き芋」、「魚屋」、「八百屋」、ですが、「石焼き芋」は夏場には売れないので「焼きトウモロコシ」を売っておりました。

早くになくなったのは「紙芝居」、「きびだんご」、「金魚売り」、「風鈴売り」などでした。

「おでん屋」は白衣を着た夫婦の屋台で、子供心に「小綺麗」な感じに思えて、よく竹輪麩(ちくわぶ)やじゃが芋のおでんを買っていました。

今では夜泣きそばさえも無くなってしまいましたが、やはりコンビニや24時間営業の店の台頭など、営業しづらい環境に変わってしまいました。

それぞれの「売り声」が懐かしくなりました。「い~しや~きいも~~。」

« 築地にあった「都電」 | トップページ | 「のれん」の衣替え »

昔の築地」カテゴリの記事

小田原町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町内の「ひき売り」:

« 築地にあった「都電」 | トップページ | 「のれん」の衣替え »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30