リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「屋号」 と 「荷印」 | トップページ | 「由なし事」 よしなしごと »

2013年4月 8日 (月)

「地口」と「地口行燈」

こんな「行燈」(あんどん)見た事ありますか?

134_convert_20130408064047

これは、銀座三丁目の宝珠稲荷神社の二の午祭(毎年二月)の時に飾られる「地口行燈」(じぐちあんどん)です。

129_convert_20130408063841

宝珠稲荷神社。マガジンハウスのすぐ前です。

130_convert_20130408063927_3

両側に「地口行燈」が点いてます。夜の明かりの方が映えます。

「地口」とは、江戸時代、享保期(1716~)頃から明治期頃まで主に江戸で流行した、いわゆる言葉遊びです。京阪方面では「口合」(くちあい)と言っていたそうです。

◎ 有名な和歌や言葉を洒落たりしたもの

お前百までわしゃ九十九まで → お前掃くまでわしゃ屑熊手

しづ心なく花の散るらむ → しづ心なく髪の散るらむ(百人一首)

いずこも同じ秋の夕暮れ → 水汲む親父秋の夕暮れ(百人一首)

舌切り雀 → 着たきり娘。

◎ 意味もなく掛け言葉になっているもの

畏れ入谷の鬼子母神。 (有名ですね) ちなみに読みは「きしじん」です。 

そうは烏賊の金玉。 その手は桑名の焼き蛤.。

などは聞いたことがあるでしょう。また、

驚き桃の木 山椒の木。 何か用かい 九日十日。

あたりき車力のこんこんちき。など。

築地を詠んだものもあります。→嘘を築地の御門跡(うそをつきじのごもんぜき)

「駄洒落」という言い方で認識されていると思いますが、みなさん「地口」知ってますよね。

131_convert_20130408064210

「地口行燈」は絵と文字を使って言葉遊びを具現化したものです。

飛んで火に入る夏の虫 → 飛んで湯に入る夏の武士

笑う門には福来る → 笑う顔には河豚(ふぐ)来る

恵比寿 大黒 → 恵比寿大根喰う など絵と文字がうまく笑いを誘います。

133_convert_20130408064011

こんな文化が、銀座で今も行われているっていいですね。

歌舞伎座でも二の午祭の「地口行燈}またやるのかなぁ。

« 「屋号」 と 「荷印」 | トップページ | 「由なし事」 よしなしごと »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昔のこと」カテゴリの記事

銀座あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地口」と「地口行燈」:

« 「屋号」 と 「荷印」 | トップページ | 「由なし事」 よしなしごと »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30