リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「鬼子母神」への「月参り」 | トップページ | 「魚がし」の手拭 »

2013年4月27日 (土)

「初荷旗」

季節外れですが、正月以外にも 「初荷旗」を使います。

2360_convert_20130427212311

「時鮭」や「生かき」、「初さんま」など、正月以外の時にも注文に応じて作っております。

築地の水産部の方は、荷受け会社が主に発注して、自社の名入れの「初荷旗」を仲卸経由で小売店に渡されて行きます。スーパー用も荷受け会社から渡されております。

青果部の場合、正月は産地から一緒に初荷飾りを付けて入荷して来るようです。

昭和30年前後、商売が自由に行えるようになってからは、初荷の日はそれは大変な賑わいでした。買出し人が待ってましたとばかりに、こぞって押しかけて新年の挨拶もそこそこに 「魚」を吟味し、手拭と初荷旗をもらって「車」に付けて賑やかに店に帰ります。

M0006289011_convert_20130427213244

(中央区立京橋図書館資料より)

海幸橋の上でも、タコ風船を付けた「初荷旗」を売っておりました。

当時は「布旗」でしたので、「自動車」に付けてもよくはためきました。今では「紙旗」になってしまったので、丸めて店まで持って帰ります。

2013053_convert_20130427213115

(布製の初荷旗)

今でも 「初荷旗」を取り付けるのに、青い笹竹を使っていますが、これは、「魔除け」の意味があるそうで、大阪の今宮戎神社の「商売繁盛で笹もってこい」というフレーズが有名ですね。

青竹は、初霜が降りた後の物が「腰」があって良品とされるようです。

築地市場の初荷は今も1月5日からとなっておりますが、それは産地の荷主が三が日は正月休みとし、4日に初めての漁を行う為に、出荷の翌日の5日が「初荷」となる訳です。

ですから、5日より前に「初荷旗」を飾るのは「???」になるわけです。

4日は兜町の「大発会」、そして5日は築地の「初セリ」という様に正月には必ず築地の話題が報道されます。

2438_convert_20130427212646

(今年の初セリの様子)

流通が変化している中でも築地の「初市」は5日で、今年も大間の「本マグロ」にとてつもない「セリ値」が付いたのは御承知のとおりです。

時代が変わる中、築地の風物詩でもある「初荷」の賑やかさは消えてほしくない物です。

« 「鬼子母神」への「月参り」 | トップページ | 「魚がし」の手拭 »

季節感」カテゴリの記事

魚がし」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「初荷旗」:

« 「鬼子母神」への「月参り」 | トップページ | 「魚がし」の手拭 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30