リンク

  • 津多屋商店 公式サイト
    津多屋商店
無料ブログはココログ

« 「鯛の鯛」 or 「鯛中鯛」 | トップページ | 「八重の桜」 »

2013年3月29日 (金)

「魚がし」マーク、、、「丸魚がし」 or 「魚がし丸」

築地の市場というと、「魚がし」という言葉と結びつきます。

このマーク、見たことがあるでしょう。

017_convert_20130329195256

「弓張(ゆみはり)提燈の魚がし」

 

日本橋にまだ、魚がしがあった江戸後期以降からこのマークが使われていたと思われます。

それは、以前成田山に行った時、光明堂という初代本堂脇の、江戸後期奉納の天水桶があり、そこにはまだ「○」の中に「魚」としか書いてありませんでした。

今だったら「魚がし」の奉納品には、このマークを付けるでしょう。020_convert_20130329195356

(招木(まねき)看板の魚がし)

2247_convert_20130329195801

(のれんの魚がし)


「魚がし」とは、魚の揚がる川岸(かわぎし)という意味で、それが日本橋だったわけです。

そこから築地へ移転してきたので、「魚がし」と言えるのは今は「築地」だけなのです。

ですから、本来このマークは「魚」を扱っている所のマークではなく「魚河岸」の人たちが自分たちの所在を表す”しるし”なのです。

ある意味で築地の「日の丸」みたいな存在だと思っています。

ではなぜ、このマークを「魚がし」と読むのでしょうか?

ちなみに、我々の業界では「丸魚がし」(まるうおがし)とか、「魚がし丸」と言います。

「魚」は読めますね。左の ”の” の字の上に ”一” その横に ”、、(てんてん)” がついています。これは、”一” と ”の” で 「可」 という字のくずし字で 「か」 になるわけです。そしてその横に濁点が付くと、、、、、。「が」になります。廻りの丸く書かれているのは 「し」 なので「魚がし」と読めるわけです。

他にも「志ん橋」丸や「日本橋」丸などがあり、○の中に書き込み”意気”を表していたのでしょう。

判じ物みたいに思われるでしょうが、変体仮名と言って、蕎麦屋さんの のれんに「む”」みたいな字がありますね。これは「者」の変体仮名で「は」と読むので「生蕎者”」=「きそば」と読みます。また、うなぎ屋さんの のれんも 「う ふ ぎ」 に読めませんか?。これも「奈」=「な」の字でちゃんと「うなぎ」になっています。

話が脱線してしまいましたが、他にも「河岸」が付く場所があります。

「大根河岸」は今の京橋あたりにありました。「竹河岸」はその少し東側。

「鎌倉河岸」「浜町河岸」は有名です。

築地も、現在の六丁目~七丁目の隅田川沿いあたりにかけて、「小田原河岸」「南飯田河岸」と呼ばれていた時期もあったそうです。

また、同じ機能を持っていながら、「河岸」は町人、「物揚場」は武家という呼び方の区別もあったそうです。

面白いですね。

« 「鯛の鯛」 or 「鯛中鯛」 | トップページ | 「八重の桜」 »

昔の築地」カテゴリの記事

魚がし」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

昔のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「魚がし」マーク、、、「丸魚がし」 or 「魚がし丸」:

« 「鯛の鯛」 or 「鯛中鯛」 | トップページ | 「八重の桜」 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30